クラウドシステムだから!安心・安全、低料金、手持ちのスマホでも使える、見える化

いざという時に備え、備蓄品の管理をクラウドでサポート

備蓄品の管理でお悩みではありませんか?

■ いざという時使える?

■ 使用期限はいつ?

■ 倉庫の備蓄数は?

■ 備蓄品足りてる?

■ 異動による新規担当者との引継ぎは?

クラウド化

防災に備え、備蓄品の見える化

広域連携が出来るシステムを実現

タブレット・スマートフォン対応

クラウドシステムで広域連携が出来る!

■ 備蓄品をリアルタイムで管理

■ タブレット・スマートフォン対応

■ 使用期限が近付くと色を変えてお知らせ

■ 期限切れの廃棄、補充対応がスムーズ

他の地域と連携することで災害時の備蓄情報を共有化!

広域連携のしくみ、市町村の防災課(市町村、自治体、学校等)⇔情報共有広域連携⇔他の市町村の防災課(市町村、自治体、学校等)

全体が把握できると連携が取れる

システム画像イメージ、ログイン画面(システム名称及びマスコットキャラクターは自治体様、企業様用に変更可能です。)→メイン画面→詳細画面→入力画面、メイン画面では、全体の備蓄品の状況を表示します。行をクリックすると、保管場所別の詳細画面が表示されます。備蓄品の数量、使用期限、使用期限切れ等の把握が出来ます。入力画面で、新しい備蓄品の登録および数量変更等を行います。

システム機能はこちら
システム環境はこちら
お問い合せはこちら